新幹線の定義

新幹線は日本の高速鉄道として世界中から愛される存在ですが、そもそも新幹線の定義とはどのようなものになっているのでしょうか。実は、新幹線の定義とは法律で定められており、「主たる区間を列車が時速200km以上で高速走行が出来る幹線鉄道」となっています。このため、どのような車両であっても時速200km以上で走る区間がある列車があれば、それは新幹線と呼ぶことが出来ます。

具体的な特徴としましては、2本のレールの間の幅が一般的な鉄道よりも広く取られており、通常が1067mmの狭軌であるのに対して、新幹線は1435mmの標準軌となっています。この標準軌は新幹線だけではなく、一部の私鉄や地下鉄でも使用されているところもあります。さらに、車両を動かす電流も通常の鉄道が20,000ボルトであるのに対して、25,000ボルトと高圧になっています。また、営業路線には踏切がありません。

高速鉄道の新幹線は、その定義がはっきりと定められています。時速200kmで走る区間がある幹線鉄道が新幹線と呼ぶことが出来るのです。またレール間の幅や高い電圧、営業路線に踏切が無いということも分かりやすい特徴として挙げることができます。