リニア新幹線

世界で唯一とされる超電導磁気浮上式リニアモーターカーを採用しているリニア新幹線。最高時速は505kmと言われており、東京から名古屋までの間を最速で40分、東京から大阪までの間を最速で67分で結ぶことが出来る計算となっています。開業予定は現在、品川駅から名古屋までの間を2027年に、2037年には大阪までの全区間が開通される予定です。

営業運転のために開発されているのは「L0系」で、最終的な走行実験を行なっています。最高速度は2015年の4月21日に達成された最高時速は603kmであり、これは世界の鉄道最高速度の記録となっています。山梨県立リニア見学センターに行くことで、その走行を見ることができます。リニア新幹線の試験走行を見学出来るのはここだけです。また試験車両である「MLX01ー2」の実物模型を見ることができ、「MLX01ー1」はリニア・鉄道館でも見ることが出来ます。

リニア新幹線は夢の超特急と呼ばれる鉄道技術で、その開業は2027年といよいよ目前に迫っています。このリニア新幹線が開通されることによって、日本の商業圏がグッと狭くなることが予想され、経済の活性化が期待されているのです。リニア新幹線に注目が集まります。