N700系について

N700系は2007年の7月1日にデビューした新幹線です。使用されているのは主に東海道・山陽新幹線の「のぞみ」「ひかり」「こだま」、それから九州新幹線の「みずほ」となっています。エアロダブルウイングと呼ばれる、鳥が羽根を広げたような先頭の形状デザインが特徴的ですが、これは省エネ効果や空気抵抗について考えて編み出された形状だと言われています。最高時速はそれぞれの路線によって異なり、東海道新幹線では時速285km、山陽新幹線では時速300km、九州新幹線では時速260kmとなっています。

車両の色は東海道・山陽新幹線では白色のボディを下地として、ブルーのラインが入っています。関東や東海、山陽地方の人はこちらの車体に馴染みがあるという人も多いかもしれませんが、九州新幹線の「みずほ」は車体の色が薄い水色であるという特徴があります。そのため、九州地方に旅行へ出かけたときには、変わった車両があると感じるかもしれませんが、これもN700系です。

N700系は東海道・山陽新幹線と九州新幹線で運行をしています。それぞれ最高速度が違うなどの特徴がありますが、中でも、車体の色が九州新幹線の「みずほ」だけ違うというのは最も驚かれるポイントの中の1つだと言われています。